日本R&Bシーンの草分け的存在“Full Of Harmony”を追いかけ、北から南へと坊主が走ります♪ そんな毎日を語らせていただきます!


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



プロフィール

MACKY

Author:MACKY
どもっ!横浜在住のMackyです♪
FOHをこよなく愛しております



ブログランキング

FC2ブログランキング



最近の記事



最近のコメント



AIGLE



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


涙のワケ①
朝ワイドショーを見ていると…

某女性アーティストの復帰やらで盛り上がっている

決して、そのアーティストがどうのをいうのではなく…

涙の会見!とかいっているので…

それゆえ思い出した「涙」にまつわるお話である


この日記を推敲していく上で気がついた…

自分がブログの中で、もっとも長い文章になりそうなので…

数回に分けようと思っている

途中で飽きて、まったく関係のない日記をあげるかもしれませんが…

基本この「涙のワケ」ということで進めたいと思います


1950年代頃より横浜で名をはせたナイトクラブやダンスホールといえば、

バンドホテルが某歌にあるように有名であるが、

その当時のナイトクラブのうちの1つをつくりあげた

一人の女性の話を思い出した。


時に朝鮮戦争が勃発し、日本では戦後を回復すべく訪れた好景気

アメリカにとっては、敗戦国日本に居留しその力をアジア圏に

みせしめるのにも好都合というものだったのだろう。

我が家のそばにはいまだにその痕跡が残っているが、米国進駐軍というのは

この横浜のいたるところに存在し、夜の横浜の街をのぞけば、

日本女性を連れた米国兵将校達が闊歩していた頃の話である。

横浜は外国人の街、そんなイメージさえいまだに残るこの街で

この景気にあやかって、一人の女性はいわゆる外国人バーを営むことになる



幼少時代彼女は、さらに幼い弟達を養うため、

今となっては横浜の川に?と思うほど汚れ、信じられない話だが…

シジミを自分でとっては、街に出て売り、日々の生活のタシにしていた。

小学校しか卒業しておらず、文字は書けない…

だがほとんど独学で米兵からで学んだという英語

そしてこの幼少時代におぼえた商魂魂が

人生を変えるとは思ってもいなかったろう

(たぶん②へ続く♪)

この記事に対するコメント
本当の横浜のお話
楽しみにしています。
新シリーズ?


【2008/04/15 08:55】 URL | Nao #nEx7PFYA[ 編集]

そうです、本当の横浜のお話です
うおっ、プレッシャーだ…

まぁ、新シリーズといえるんでしょうかね?

失敗しちゃったんですよ…それは本日の日記で発表ww
【2008/04/15 19:39】 URL | Macky→Nao兄さん #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。